お問い合せ(メールフォーム24時間対応)
TEL:03-6434-0215(平日10時から17時まで)
主な取り扱い業務こちら。 

ニュース(更新履歴)

これより古い更新履歴は,過去の更新をご覧下さい。

IT法務.jpとは?

お問い合せはこちらから

主な取り扱い業務のご案内はこちら
IT法務.jpは,IT法務に力を入れている弁護士らによるポータルサイトです。

インターネット上の取引システム開発紛争,ウェブサイトに関するトラブル…,ITにまつわる法律問題は増加の一途をたどっていますが,これらを取り扱う弁護士は多くはなく,依頼者の方々に,十分な法律サービスが提供されてきませんでした。

IT法務.jpでは,依頼者の方々に,合理的で迅速な法律サービスを提供します。

ITに絡むトラブルであれば,法人の方のみならず,非事業者を含む個人の方からの相談にも応じています。まずはお問い合わせ下さい。

また,すべてのコンテンツの一覧はこちらです。

IT法務.jpは,法律事務所・弁護士により,直接運営されています

IT法務.jpは,IT法務のポータルサイトであり,法律事務所・弁護士により直接運営されています。

法律上,業務としてトラブルの解決をすることが出来るのは,原則として弁護士のみです。

安心してお問い合わせ下さい。

無料相談も実施しています

IT法務.jp では,無料電話相談も実施しています。事案,予約状況にもよりますが,即日に電話で相談も可能です

事前の予約をお願いしておりますので,まずはこちらからお問い合わせ下さい

IT法務とは?

IT法務.jpでは,IT法務とは,広く,ITの関連する法務一般であると考えています。

インターネット上の取引や,取引の対象がウェブサイトなどであっても,一部の例外を除いて,他の取引と同じ法律が適用されます。

逆に言えば,ITの関係する取引・法律問題は,ほとんどの場合には専用の法律が存在せず,既存の法律が適用されます。

したがって,その際,IT分野の概念・用語・習慣を法律上のものへと「翻訳」する必要があります。

私たちは,IT法務においてもっとも重要なことは,ケースの理解と,それを裁判所や相手方代理人弁護士に理解できるように伝え,そして説得することであると考えています。

IT法務の必要性

法律上,現状を変えたい・何かを請求したい者は,みずから,その法律上の根拠のあることを説明し,立証しなければなりません。

しかしながら,左の「IT法務とは?」で説明したとおり,ITが関係する事件において,事実認定者である裁判所や,相手方代理人の弁護士に,事情を説明し,理解させることは困難です。

IT法務において,法律家が事情を理解できず,あるいはさせることのできないまま紛争を処理しようとすると,裁判や交渉が迷走し,予想外の展開になるなど,かえってリスクを生じさせてしまうこともあり得ます。

私たちは,法律とITの双方の知見を活用し,当事者の事情をよく理解して,事件の円滑・合理的な処理に努めます。